【おしらせ】 市の検診(1歳半検診・2歳半検診)保育園・幼稚園・学校検診を受けられたお子様・保護者の皆様へ

都城市姫城町 市役所より車で2分 2017年改装済・キッズスペースありの歯医者です。
診療科目
Courses

口腔外科

口腔外科

口腔外科とは?

口腔外科とは、口腔、顎、顔面ならびにそのまわりにあらわれる先天性及び後天性の疾患を扱う診療科です。
親知らずの抜歯などの歯の原因となるものから顎関節症、癌まで様々な疾患が対象となります。

井上歯科では、親知らずの義歯、顎関節症の治療(顎が痛い、口を大きく開けられない、音がするなど)また、歯をぶつけた、口の中を切ったなどの外傷にも対応しております。

親知らずの抜歯

親知らずは前歯から数えて8本目の歯を指します。親知らずは放っておくと腫れたり、痛くなったりしてきます。親知らずが横に生えてしまっている水平埋伏歯の場合は腫れや痛みがひどくなり、悪化すると他の歯に悪影響を与えることがあります。

そうなると抜歯しなくてはいけません。当院では親知らずの抜歯の際に極力痛みがないように努めております。

親知らずの種類

真っ直ぐ生えている親知らず

親知らずが真っ直ぐ生えているタイプです。 このタイプは真っ直ぐ生えていて咬み合わせに問題がなければ、抜歯しないケースが多いです。ただし、虫歯になっていたり、痛みがあったり、咬み合わせが悪かったりすると抜歯をおすすめします。

斜めに生えている親知らず

親知らずが斜めに生えて隣の歯にぶつかって圧迫してしまうタイプです。このタイプが最も多いです。

このタイプは虫歯になりやすいだけでなく、隣の歯を圧迫し、咬み合わせや歯並びに影響が出る場合もあるので抜歯をおすすめします。

水平埋伏の親知らず

歯茎の中で完全に横に生えてしまうタイプです。この親知らずを水平埋伏智歯と言います。
このタイプはほとんどが下顎のケースです。真横に生えているので抜歯の際は難易度が高く2~3つに砕いて分けて抜歯をします。

口腔外科・親知らずの治療については、お気軽に井上歯科にお問い合わせください!

特に親知らずについては、知らないうちに生えてきて痛みを伴い始める頃にはだいぶ進行してしまっていることも少なくありません。井上歯科では定期的な検診によって症状の早期発見と適切な治療方法をご提案をすることに努めています。少しでも違和感や不安を感じたら、まずはお気軽にお問い合わせください。